楽しく学べる英語絵本【Very first book of things to spot】

英語絵本very-first-book-of-things-to-spot英語絵本

Usborne社の英語絵本『Very first book of things to spotのご紹介です。

ぽこ
ぽこ

少し英語に慣れてきた子におすすめな英語絵本!

この絵本のおすすめポイントは

  • 仕掛け絵本で楽しい
  • 様々な英語の表現を学べる
  • 子どもの理解度が確認できる
  • 新しい言葉、表現をインプットできる
  • 英語のアウトプットを促せる

の5つだと私は感じています。

本記事は、絵本の紹介を交えながら、5つのおすすめポイントについてまとめてみました。

お子さんと楽しく英語を身につけられる絵本をお探しの方は、ぜひ読んでみてください♪

Very first book of things to spotってどんな英語絵本?

“On the road”、”In the town”など、ページごとに異なるテーマの可愛らしい絵と、短い英語フレーズがたくさん載っています。

英語フレーズは

  • Spot a ~.(〜を指してみよう。)
  • Who is ~?(〜しているのは誰?)

など、クイズのように楽しめます。

I SPY(ミッケ!)』のように、大盛り上がりで楽しめること間違いなしの絵本です★

ボードブックなので、小さなお子さんとも安心して遊ぶことができますよ。

ぽこ
ぽこ

小さな子どもにとって身近な動物、乗り物などがたくさん載っており、2歳の娘は楽しそうに指差ししています♪

Very first book of things to spotのおすすめポイント

私が感じるこの絵本の5つのおすすめポイント、

  • 仕掛け絵本で楽しい
  • 様々な英語の表現を学べる
  • 子どもの理解度が確認できる
  • 新しい言葉、表現をインプットできる
  • 英語のアウトプットを促せる

について、一つずつご紹介します。

おすすめポイント① 仕掛け絵本で楽しい

Very first book of things to spotには、穴あきのページがいくつかあります。

Who is hiding?(隠れているのは誰かな?)とページをめくると答えがわかったり、

傘の柄が他のページでは…など、

楽しい仕掛けになっています。

ぽこ
ぽこ

2歳の娘は、「あれ!?」と言いながら楽しそうにページをめくっています♪

おすすめポイント② 様々な英語の表現を学べる

たくさんの英語表現が詰め込まれているこの絵本。

学べる英語は

  • シンプルな英語表現
  • 形容詞
  • 最上級
  • 複雑な英語表現

など。

以下、絵本に出てくる英語フレーズと共にご紹介します。

シンプルな英語表現

  • Spot a bird.(鳥を指さそう)
  • Who is eating an ice cream?(アイスクリームを食べているのは誰かな?)

birdやice creamなどの単語がわかれば理解できるような、シンプルな英語表現です。

2歳の娘は初めて読んだ時から、元々知っている単語のものは嬉しそうに指差しして教えてくれました。

形容詞

  • Where’s the red turtle?(赤いカメはどこかな?)
  • Find a sleepy owl.(眠たいフクロウを探そう)
  • Who is upside down?(上下逆さまなのは誰かな?)

他にも、green、hungry、tiny、unhappy、roundなど、様々な形容詞が出てきます。

また、英語の形容詞を学びたい場合は、『Hooray for fish』もおすすめです。

\形容詞を学べる英語絵本/

様々なお魚たちに挨拶しながら、たくさんの形容詞に触れることができます♪

最上級

  • Spot the smallest fish.(1番小さい魚を指さそう)
  • Which flower is TALLEST?(どの花が1番背が高い?)
  • Which is the smallest sandcastle?(どれが1番小さな砂のお城かな?)

この絵本だけで最上級を理解するのは難しいので、簡単に絵を描いて説明したり、他の絵本や動画で理解を深めてあげることをおすすめします。

\比較級、最上級を学べる英語絵本/

仕掛けを楽しみながら、比較級、最上級に触れることができます♪

複雑な表現

  • Where’s the monkey wearing a hat?(帽子をかぶっているサルはどこ?)
  • Which car has no wheels?(車輪のない車はどれ?)
  • Who is about to catch a fly?(今にもハエを捕まえそうなのは誰?)

私自身も、「あ、こうやって言うんだ。」と思うような表現がいくつかあり勉強になりました。

ぽこ
ぽこ

小さい頃から様々な表現に触れて、身につけてくれたら嬉しいですよね♪

おすすめポイント③ 子どもの理解度が確認できる

絵本に載っている様々な質問に答えてもらうことで、子どもの理解度を確認できます

ぽこ
ぽこ

この言葉も知ってるんだ!など、嬉しい発見があるかもしれません♪

おすすめポイント④ 新しい言葉、表現をインプットできる

Very first book of things to spotは、シンプルな絵とそれに関する短いフレーズがたくさんあり、お子さんが知らない言葉、表現のインプットに繋げやすい絵本です。

例えば、differentという言葉を伝えたい場合、

Which apple is different?(どのリンゴが違うかな?)というフレーズを参考に、

This apple is different. This is red. The others are green.

(このリンゴだけ違うね。これは赤。他のは緑。)

と伝えてみたり。

他にも、

Who is rolling on its back?(仰向けに転がっているのはだれ?)というフレーズを参考に、

This dog is rolling on it’s back. It looks cozy. (この犬は仰向けで寝ているね。気持ちよさそうだね。)

など、絵を見せながら状況を説明してみたり。

上記のように少し言葉を補足して説明できれば、さらに語彙力UPが期待できます!

ぽこ
ぽこ

この方法で、2歳の娘はたくさんの言葉、表現を覚えることができました♪

おすすめポイント⑤ 英語のアウトプットを促せる

絵本のフレーズを参考にお子さんにクイズを出してもらうことで、英語のアウトプットを促せます。

英語の文章を組み立てる練習にもなる、とても効果的な遊びだと思います。

何か絵があればできるので、外出先でおもちゃなどがなくても楽しめそうです♪

【Very first book of things to spot】 さいごに

Very first book of things to spotは、英語を学んでいる子におすすめな英語絵本です!

  • 楽しく英語を身につけてほしい
  • 様々な表現に触れてほしい
  • 英語の理解度を確認したい
  • 英語のアウトプットを促したい

という方は、ぜひチェックしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました